尿がにおう(尿のにおい、臭い)

尿がにおう…もしかして病気?

尿がにおう…もしかして病気?

健康な方の場合、排泄直後の尿はほとんど無臭です(時間を置くと、アンモニア臭がします)。
トイレで出してすぐの尿から嫌なにおいがしたとき、甘いにおいがしたときには、何らかの異常を疑う必要があります。
尿のにおいが気になる、以前と違う気がするというときには、お早目に当院にご相談ください。

尿がにおう3つの原因

尿がにおう原因として、代表的なものをご紹介します。

尿が細菌に感染している

においと共に、泡立ちが見られることがあります。感染に対しては、抗生物質による治療が可能です。
その他、結石や腫瘍が原因になっていることもあります。

尿にがん細胞が含まれている

がん細胞は正常細胞よりも壊れやすいため、膀胱・腎臓・前立腺がんがある場合には、ちょっとした衝撃で尿にその細胞が混じり、排泄後ににおいを放ちます。

尿に糖が含まれている

甘いにおいがする場合には、糖尿病が疑われます。またこの場合の糖尿病はある程度進行している可能性がありますので、できるだけ早く検査・治療を受ける必要があります。
においの他、泡立ちが見られることもあります。

当院で行う検査

尿検査

尿検査

タンパク、細菌、赤血球、白血球、がん細胞などの有無やその量を調べます。

採血検査

採血検査

全身での炎症や腎機能の異常の有無、血糖値などを調べます。

超音波(エコー)検査

超音波(エコー)検査

腎臓や膀胱、前立腺、尿管の状態、結石の有無などを調べます。
被ばく、痛みの一切ない検査です。

ページTOPへ戻る

06-6323-8181